News&Topics

2016/07/25

平成28年熊本地震被災者に係る窓口負担の徴収猶予について

この度の地震におきまして、被災されたみなさま方には、心よりお見舞い申し上げます。

 

平成28年熊本地震により被災された方で、一定の条件に該当する場合は、病院や薬局の窓口(訪問看護を含む)で支払う自己負担額の支払いが猶予される事となりましたのでお知らせいたします。

 

1.病院等での窓口負担額の猶予について

次の条件のいずれにも該当する場合は病院等を受診する際に、申し立てを行う事で窓口負担額の支払いが猶予されます。

 

(1)平成28年熊本地震に係る災害救助法の適用市町村(別添)に住所を有する被保険者とその被扶養者

(地震発生以降、適用市町村から転出したものを含む)

 

(2)平成28年熊本地震により次のいずれかの申し立てをした者

①住家の全半壊、全半焼又はこれに準ずる被災をした旨

②主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った旨

③主たる生計維持者の行方が不明である旨

 

※猶予の申し立てを行う際は、(1)(2)に該当する旨、病院等でお申し出ください。

※猶予された窓口負担額は、後日、当組合からの請求により、お支払いいただくこととなりますので、予めご承知おきください。

 

2.対象となる期間

平成28年7月末までの受診分 平成29年2月末までの受診分

※平成28年10月1日以降は微収猶予の申請が必要となります。
ご希望される方は罹災証明書を添付の上、申請書をご提出願います。

添付ファイル

このページのトップへ